学資保険・こども保険

「保険は掛け捨て」というフレーズをよく耳にしますが、貯蓄性のある商品もあります。
保険の”貯蓄性”って?・・・ここでは、一定期間経過後や満期時、解約時にお金を受け取ることができるものととらえて、学資保険(こども保険)についてご説明いたします。

契約者が死亡した場合、それ以降の保険料は払込免除に

学資保険・こども保険

これが、"学資金を保険で貯蓄"の最大のメリットと言えるでしょう。
ここが現金で積み立てるのと大きく異なる点で、必ず学資金を準備することができます。その他にも、万一お子さまが死亡された場合、既払込保険料が払い戻されるものや死亡保険金が支払われるものがあります。

途中のお祝金は必要ですか?
満期保険金(多くが18歳満期か22歳満期から選択)を受け取るタイプと、満期保険金のほかに中学や高校入学など所定の時期にも祝金が受け取れるタイプがあります。総払込保険料に対して受取総額が多くなる(=貯蓄性が高い)のは前者のタイプですが、学資金のかかる入学時期ごとにまとまった資金が受け取れる後者の商品も人気があります。
育英年金やこどもの入院保障は必要ですか?
保障性が高まり、貯蓄性は低くなります。
契約者(多くはお父さん)が死亡後の養育費として、育英年金を毎年受け取れるものもあります。
その他こどもの入院保障をプラスできるものなどもありますが、保障を充実させる分、貯蓄性は低くなります。

【相談無料】
保険の見直しや
相談のご予約はこちら
  • 保険クリニック 盛岡店
  • 住まいのFP相談室 盛岡店
  • アイドカ劇場
愛となるほどの日々
保険がわかるドラマ