保険がわかるドラマ 愛となるほどの日々

登場人物 第6話 第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

第6話 そしてなるほどの日々が − 失敗しないための保険選び −

とある日曜日。成程家のリビングには重吉の一周忌の法要を終えた家族全員が揃って、お茶を飲んでいた。 富江と3人の子供達 松男、竹男、梅子。松男の妻福子と2人の娘。竹男の婚約者、利子(2人は来月挙式予定である)。梅子の夫蓄三と2人の息子。 富江は亀太郎を抱いて、ここに重吉がいないことを残念に思いながらも、残された家族が円満に集っていられる幸福もかみめしめていた。 そしていつもこの家族を支えてくれた保険の伝導師、田中の姿もそこにあった。

「田中さん、今回は本当にお世話になりました。生活費を節約したい一心で安い食材を求めてスーパーのはしごしたり頑張ってたけど、保険はよくわからずに毎月6万円も払っていたわ。」

梅子がため息をついた。

「日々10円20円節約して月に3千円節約するものよいですが、保険料を月1万円節約すれば年間12万円浮きますね。小さなところを見直すより大きなところを見直したほうが効果は大きいですよ。」

田中はエリザベスカラーを直しながらうなづいた。

「なるほどね、考えてみたら内容はよく分からないまま保険料だけを払っていたわ。 何年払い続けるのかも、将来的にいくら払い込むのかも、保障がいつまで続くのかもわからなかったのよ…。」

梅子は恥ずかしそうにうつむいた。

「お姉ちゃんだけが特別じゃないよ。保険がマイホームに次いで高い買い物なんて意識なかったもん。 それに保険は何社も組み合わせてよいものだなんて知らなかったし。」

結婚が決まった竹男がフォローする。田中のおかげでだいぶ保険に詳しくなったようだ。

「保険は入っていれば大丈夫というものではありません。自分のライフプランに合わせて保障内容を組み立てるべきです。 それなのに自分の人生を保険の内容に合わせている人がいかに多いことか。」

田中の言葉に一同うなづいている。

「自分がいざというときに家族や従業員をどうするか、ということを真剣に考えたことがありませんでした。 めったに起らなけど、起こると大変なのが大黒柱の死です。こんな場合に備えて保険があるんですよね。」

松男の言葉に蓄三も続けた。

【相談無料】
保険の見直しや
相談のご予約はこちら
  • 保険クリニック 盛岡店
  • アイドカ劇場
愛となるほどの日々
保険がわかるドラマ